10月14日 文殊山に登ったぞ!

10月14日、でかぎんなんのこうきくんが、ゆきんこ共同保育園のでかぎんなんさんたちといっしょに文殊山(365m)に登りました。りなちゃんは残念ながらお休みでした。文殊山登山は、ゆきんこの歌にもある通り、でかさんの秋の大冒険です。この日は天気も良くて、絶好の登山日和になりました。
まず、記念写真。
画像

(クリックで写真のページに移ります。さらにクリックで少し拡大できる写真もあります)
どんどん登っていきます。
画像

途中で、山登りの人に会うと、
「おじさんは、天狗さんですか?」
とか
「やまんばに会いましたか?」
とか質問します。
画像

なにしろ、やまんばからの「遊びにおいで」の手紙が届いているのですから・・・。
それに、文殊山には天狗が住んでいるということらしいので、やまんばや天狗に会うのが、ちょっぴり怖くて、ちょっぴり楽しみなのです。
途中の開けたところでは、福井の町が見えます。
「ゆきんこのみんなに声が届くかな?」
ということで、みんなで声を合わせて「やっほー」
画像

山道には、いろんな虫がいます。
「これなんだろう?」
画像

元気に登っていきます。
画像

さあ、分岐点です。
「どっちの道に行くのがいいんだろ?」
「こっちの道がいいと思う人」
「はーい」
「でも、この道下っているから違うんじゃない」
・・・・と話し合いです。
画像

ようやく、小文殊に到着。休憩です。
画像

小文殊には、祠があって、天狗さんが住んでいるとかいう噂が・・・。
「中が見たい!!」
ということで、覗かせてもらいました。
画像

画像

今日はお留守のようです。
その祠の前には、天狗がてっぺんで周りを見ているという「天狗杉」が。
みんなで手をつないで、とり囲んでみました。
画像

画像

出発すると、しばらくで「展望台」に着きます。ここでお弁当です。
展望台では、双眼鏡で町を覗いてみました。
画像

そして、お弁当。
画像

お弁当の後、大文殊へ出発。
画像

大文殊に到着!記念写真です。
画像

さらに、「奥の院」にむかいます。奥の院にお参りすれば、「文殊の知恵」が授けられるのです。
でもけわしい!
画像

画像

画像

画像

奥の院に行くには、難関が一つ。「胎内くぐり」です。
引率の「メガネの玉ちゃん(理事長)」の話だと、狭い岩の裂け目は、よこしまな考えの人が通ると閉じてしまうらしい。
画像

画像

1人づつ走り抜けます。
画像

怖くて泣いていた子もなんとか通りぬけました。えらい!
画像

そして、奥の院。文殊菩薩に「賢くなりますように」「文殊の知恵を授けて下さい」とお祈りをします。
みんな真剣です。
画像

この文殊の知恵、振り向くと抜けてしまう・・・と、これもメガネの玉ちゃんのお話なので、みんなは、絶対に後ろは振り向かないぞと固い決意に満ちています。
画像

奥の院から、登山口に戻りますが、途中で「やまんばの洞窟」にお邪魔することになっています。お土産のクッキーも持ってきました。
来た道から外れて、少し下ります。
画像

画像

残念ながら、やまんばの洞窟に住んでいるやまんばは、今日はお留守でした。
洞窟のお住まいの様子を見学させてもらうことに・・・。上の方の洞穴が「やまんばの洞窟」です。
画像

画像

画像

さあ、後は登山口に戻るだけです。
途中、小文殊で休憩しました。
画像

画像

画像

画像

画像

下山の途中、湧水のところでは沢ガニも見つけました。
カニさんをいじめないでね。
画像


ということで、ようやく下山。
画像

画像

でかぎんなんさんの「秋の大冒険」は、無事終了したのでした。
みんな元気に下山できてよかったね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック